正しいベタの飼い方

ベタの水換えのコツ

ベタの水換え方法は、ゆっくり行うのがコツです。

ここでは、ベタにできるだけストレスをかけない、熱帯魚に優しい水替え方法をお伝えします。(30cm水槽でのやり方です。)

水換えに必要なもの

・新しい水を入れるためのバケツ(用量は10L前後)

・水槽の古い水を入れるためのバケツ(用量は5L前後)

・コップ(落下させても良いように100均などのプラスチック製がベスト)

・タオル(コップや、床にこぼした水を拭くための物)

・カルキ抜き剤、水質調整剤

あるとベストなもの

・バケツ用の水温計

・バケツの水用の水槽ヒーター

・大型スポイト

スポンサーリンク

1、まずは水替え用に新しい水を用意します。これは必ず水道水を使います。

決して雨水や、面倒だからと除湿機の水や蒸留水は使ってはいけません。なぜかというと、雨水は水道水とはph等が大きく異なるので、これを水槽にいれると水槽内の水のphが大きく変動し、魚に多大なストレスを与えるからです。

また、除湿機の水や蒸留水は雑菌が繁殖しやすく、水槽の水をすぐに傷めます。なので絶対に使用しないで下さい。清潔な水である水道水のみを使いましょう。

熱帯魚に優しい水

できればですが、水道水は水替えの2日くらい前にバケツに入れておくとベストです。

こうすることで、カルキが自然に抜けてくれて、カルキ抜きという薬品を使用せず、なおかつ水のph変動が安定するので、魚に優しい水になってくれます。

これはベタに限らず、どんな魚にも有効な方法です。ただ時間がないときなどは、普通にバケツに水道水を入れて、カルキ抜きを規定量入れてもOKです。

そしてバケツの水ですが、これはベタのいる水槽の水温とほぼ同じが理想的です。新しい水の温度が極端に高い、または低いと水槽内の水の温度が急に変化するので、 これもまた魚にストレスを与えてしまいます。バケツの水の水温は、水槽の水温のプラスマイナス2℃前後が望ましいですね。

水槽側の水温が28℃なら、新しく入れる水の水温は26℃~30℃程度にしましょう。そのためには、バケツ用に水温計とヒーターがあるのが望ましいです。

ヒーターでバケツの水を暖め、水温計でしっかり水温を把握しましょう。 (この際に高価なヒーターを空焚きでダメにしないように注意してください。)

水替えに慣れてきた場合は、指で水温を計って水温をだいたい合わせる方法もあります。

給湯器でお湯を出して、28℃程度のお湯をカルキ抜きするやり方です。ただしこの場合、必ず同じ指で水温を計りましょう。

実際に行うとわかりますが、人差し指で感じる水温と、中指、薬指で感じる水温は意外なほど違います。

2、新しい水を用意したら、今度はベタのいる水槽の水を4分の1ほど抜きます。

水槽の水を入れるためのバケツを手前において、コップで水槽の水をすくいます。30cm水槽ですと、コップ5、6杯程度ですね。

他では水槽の水を3分の1くらい替える方もいるようですが、これはちょっと多い気がします。水替えによる水質の変化を最小限にするため、水は4分の1程度抜くだけで充分だと思います。

不意にベタが手元に近寄ってきて、コップでベタをすくってしまう時もあるので要注意です。なお水面に油膜が浮かんでいる場合は、コップをゆっくり沈めることで水面の水を集中してすくうようにましょう。

この際に、一緒に大型スポイトで水槽内の底面のフンや汚れもできるだけ吸い取ってキレイにします。

3、新しい水をコップで水槽に足していきます。

取り出した水槽の水はトイレに捨てて、今度は新しい水を水槽に足します。水槽の右端か左端にコップを半分くらい沈めて、ゆっくり新しい水を注ぎます。

なるべく同じ場所から水を注いだほうが、出来た水流で新しい水が水槽全体にいきわたります。急いで入れずに、2、3分はかけて水を足しましょう。

なるべくベタに直接コップの水を当てないほうが良いです。水温・水質の違う水は魚にはすぐにわかるので、ストレスになりかねないです。

水換え直後はベタが水質の変化に反応してか、フンをしやすいです。これもスポイトで取ってあげましょう。

これでベタの水換えは終了です。魚にはわずかながらもストレスがあるはずなので、この後1時間くらいはエサはあげない方が良いと思います。 また水草がない水槽なら、少量の塩を入れることもベタの健康には良いですね。

 

ベタの水換えは基本的に2週間に1回で良いです。毎週換えるのはショーベタにはストレスになるのか、ヒレ裂けを起こしやすいですね。 ウチは2週間に1回の水替えでヒレ裂けは皆無になりました。

ベタは水質の悪化にはかなり強い魚なので、このペースで平気ですが、気になる方はたまには1週間に1回の水替えもアリだと思います。

なお、ベタは熱帯魚の中でもかなり生命力の強い魚です。水換えで弱ることはあまりありませんが、同じ感覚で水換えをしても他の種類の魚では死なせてしまう場合もあります。

「ベタだけは水質変化にやや強い」ことを念頭に入れてください。他種の魚にはより時間をかけた水換えを行ってください。

水換えした日を忘れないためのコツ

カレンダーの画像

水換えを毎週決まった曜日に行うのなら大丈夫ですが、ついうっかり前回の水換えを行った日を忘れることがあるかと思います。

なので、部屋のカレンダーにでも水換えを行った日を書いておくと忘れる心配も無くていいですよ。とくに沢山の水槽を管理されている方には欠かせないと思います。