正しいベタの飼い方

ベタの病気

ベタは病気の治療が難しい魚です。

管理人が飼育しているベタも、ごく稀に病気というか、調子を落とすことがありますね。

多くの魚は、調子が悪いと背びれを畳んで底面でジッとしています。これは弱っているサインですので、 飼育者は毎日チェックすることで、まずこのサインを見落とさないことが大事です。

また、ベタは一度調子を落とすと、なかなか回復が難しいと思います。

せっかく治療しても、そのまま☆になる場合も決して少なくはないので、速めの治療でなんとか 病気からの生還率を高めてあげましょう。

魚の病気の治療薬としては、やはりメチレンブルーが一般的ですね。ウチでは、ベタ用に「グリーンFリキッド」を 常備しています。これをベタのいる水槽に数滴ずつたらして、規定量を守って投薬します。

基本的には、飼育水全体が青み掛かる程度までですね。

なお、メチレンブルーを飼育水に入れると、塩分で水草が枯れてしまうので、必ず水草は取り除いてくださいね。 あるいはベタを薬浴用水槽に水ごと移すのも良い手です。

スポンサーリンク

塩浴もベタに効果的

他の淡水魚のように塩浴も効果的です。そしてエサはなるべく控えましょう。なぜかというと、 あえてエサを断つことで、魚の消化器官を休めて、魚の免疫力を高める効果が期待できるからです。

塩浴の目的は、魚と水の浸透圧(しんとうあつ)の調整にあります。ベタは体内に塩分があるので 浸透圧で水が徐々に体内に入ります。常時それを尿で排出していますが、どうしても体力を使います。 病気になると、体力が落ちるのでこの浸透圧が魚に負担になるわけですね。

ベタの体内の塩分濃度は、他の淡水魚と同じように約0.6%なので、水の塩分もベタに近い状態にすることで 水とベタの塩分がだいたい同じになり、浸透圧で体力を消耗しにくくなります。 体力を全て自然治癒に向けられるので、病気も回復しやすいわけです。

塩浴はベタの水槽以外にバケツなど、他の容器に水とベタを移して行います。これは、塩浴を行うと 塩分でバクテリアがかなり減ってしまうので、水槽内のバクテリアを守る目的があります。

塩浴は約0.5%濃度の塩水を作ります。5Lの水なら25gの塩がいります。最初は塩の量の多さに 驚きますが、慣れれば平気かと思います。塩は徐々に足していき、2,3時間はかけて水槽の水を塩水 へと変えていきます。

ベタを塩水にいれたまま、1週間ほど様子をみます。これを「塩水浴」 といいます。ベタが回復して元気になったら、こんどは「水あわせ」で元の水槽に戻してあげましょう。

なお治療中もエサをあげたい場合は、1日1粒で充分です。

そして、次に効果的なのが「水温を上げる」ことです。水温調整のできるヒーターを使って、水温を30℃以上に しましょう。ベタの治療中は30℃~32℃程度がベストだと思います。

水温をあげる理由は、水の温度を上げることで ベタの体の病原菌の繁殖を抑えるのが目的です。これはかなり効果があります。

多くの病原菌は水温26℃が最も快適らしく、それよりも高温にすることで繁殖を抑えます。 なおベタには水温32℃でも快適な温度ですので、魚に悪影響はありません。

ニチドウ グリーンFリキッド 100ml (動物用医薬品)

新品価格
¥790から
(2018/7/8 00:58時点)

これらの3つの治療法をまとめますと、以下の通りになります。

1、メチレンブルー系の魚の治療薬を規定量、使用する。

2、あわせて塩水浴を行う。メチレンブルーも塩分を含むので塩分濃度は0.3~0.5%で充分です。

3、エサを絶ち、水温を30℃まで上げて維持。4日程度はエサ無しが理想です。

調子を崩した、病気をしたベタにはこの方法で一週間、様子をみてください。

治療中にベタが元気を取り戻してきたら、徐々にエサをあげるようにしてください。

元気に泳ぎ回るようになったら、治療完了です。通常の水合わせと同じ要領、水量で飼育水を変えていきましょう。

管理人は、この方法でベタの治療を行っていますが、これで治る子も多いです。 回復例もツイッター等で見れたりします。

基本的には、これ以外に治療の方法が無いと思いますし、実際には病気をさせないように水質、水温を管理するのが 一番大事なことだと思います。

そのためにも、ベタは8~10リットルくらいの水で飼育しましょう。他の魚でもそうですが、大きい水槽は 水質変化が少ないので、魚が病気になりにくく、快適に飼育できて病気も未然に防いでくれますよ。