正しいベタの飼い方

管理人のベタ(現在進行形)

管理人が現在飼っているベタを紹介します。

☆2018/07/08更新☆

パイプに入り込んだベタ

Oh!まさかこんなことになるとは…。

スポンジフィルターの電源を切っていたら、ベタがエアー排出口に入り込んで 出られなくなり、そのまま星になってしまいました…。

スポンジフィルターは切っちゃダメなことを痛感しました。ごめんよ~。;;

 

☆2017/09/24更新☆

今回は薄いイエローのトラディショナル・ベタを購入。

「パイナップルイエロー」のなり損ないな個体ではありますが、ヒレの半分に色が付いていて、 体格やヒレの長さも申し分ない個体だったので購入。静止時に背ビレがこのくらい立っているのは健康な個体の証です。

ベタ・パイナップルイエロー

今回は試験的にスポンジフィルターを使ってみました。水槽のガラスの反射で2個に見えますが、実際は1個です。

またヒーターは、最近はカバー付きの物が非常に多くなったのでありがたいですね。1ヶ月経過した現在も健康に育っています。

 

☆2016/09/19更新☆

追加で、今度はブルーメタリック系のスーパーデルタテールを購入しました。

一番最初に買ったベタがブルーだったので、懐かしさもあり色も良かったので購入。今度は腹ビレなどに奇形もなく、 ブルー&ブラックがいい感じの子です。

青いベタ

ベタは何年飼っても飽きませんね。何しろ色々な色や品種があるのと、珍しいカラーの子はやはり一期一会の出会いでもあります。この鮮やかな美しさに癒されています。

スポンサーリンク

 

☆2016/08/12更新☆

今年もまた、行きつけのお店で新しいベタを購入しました。

去年購入した赤い子は今年の春先に☆になりました。飼育してから1年もたなかったのはやや残念ですが、 どうしても寿命には個体差があるようなので、仕方ありませんね。^^

グリーンのベタ1

グリーンのベタ2

今回購入したのは、深緑でマーブル系?のスーパーデルタテール。

尾ヒレがハーフムーンの一歩手前くらいの開き具合ですが、なかなかに美しく、上からの眺めも良いです。

欠点は「腹ビレ」に奇形が見られる事、顔の先端にまで鱗の色が載っていないことですが、その分安かったですね。 ヒレの張りも良く、なかなかの成体といえます。今度は数年は生かせられますように。

あとは野生種の「マハチャイ」の購入を考えています。以上、近況報告でした。

 

☆2015/08/30更新☆

また新しくベタを購入。去年購入したマルチカラーの子は☆になりました(;;)

赤くて鱗がきれいなベタ

今度の子は、赤のデルタテールで、尾ヒレの先が白い「バタフライ」系です。正確には本物のバタフライではないですが、 体の鱗のグラデーションも綺麗で、なかなか気に入ってます。

 

☆当サイト開設から1年以上が経ち、実はTOPページのベタ4匹はもう☆になりました。現在飼っているのは、新しく購入した3匹です。(2014/10/05現在)

三色のベタ

この子は「スーパーデルタ」という、尾ひれが広く三角に広がるタイプで、色的には、多色の「マルチカラー」系ですね。

 

白色のベタ

この子は「デルタテール」という品種。尾ひれがスーパーデルタほどは広くないです。色は「スーパーホワイト」で、白いベタは飼ったことが無かったので購入。神秘的な姿が気に入ってます。後ろの水草は「ウィローモス」。

 

金色のベタ

3体目の品種は「トラディショナル」。最近は「ベールテール」とも言うようです。色は「レモンイエロー」で、こちらも明るい色のベタが欲しくて購入しました。

ベタには、このように様々な品種やカラーがあります。いずれ当サイトでも 紹介していきたいと思っています。

管理人は、今まで10匹以上のベタを飼ってきましたが、まだまだ飽きませんね。

綺麗なベタほど高価ではありますが、逆に安価な品種にもまた良さがあります。 今後もまだまだ、気が付いた点などあればこのサイトを更新していきます。