正しいベタの飼い方

ベタ飼育の注意点

ベタも歳をとります。

熱帯魚店などで見るベタは、とても色鮮やかで美しいです。しかし・・・。

実はベタも歳をとります。若いときは美しいのですが、数年経つと劣化します。お店で購入して1年から1年半くらいで老化してきます。特にショーベタは顕著ですね。

ピンと張っていたヒレもしぼんできて、色も少しずつ変わります。どんな色あいの個体も、やがて3原色のいずれか の色に退色していくことが多いようです。

筆者が飼っているショーベタも、最初は綺麗なエメラルドグリーンでしたが、今はブルー&少しグリーンといった感じです。TOPページの画像の左上の子です。 逆にトラディショナル・ベタは老化しても、まだ劣化は少ないですね。

ちなみに一番老化が目立たないのはプラカットです。ヒレが小さいので、しぼんでもさほど目立たないです。

ベタを数年飼育していくと、今度は老いたベタの面倒も見ていく事になります。飼育方法は全く変わりませんが、多少観賞価値が無くなっても面倒がらずに ベタの寿命まで付き合ってあげてください。

また、年をとって弱ったベタは動きも遅くなり、他の魚に襲われやすくなります。その為、ベタはなるべく水槽に単独で飼育し、他の魚との混泳は避けましょう。 とくにヤマトヌマエビは弱った魚を襲います。注意しましょう。

スポンサーリンク

ベタ水槽に外掛けフィルターは使用しないで!

よくベタ飼育セットなどといって、小さい水槽に外掛け式のフィルターも付属してきますが、あれは単にメーカーの抱き合わせ販売です。必要ないどころか、ベタには全く適しません。

ベタは水流のほとんど無い「止水」を好みます。野生の生息地がそうだからです。 野生のベタは浅い沼地に生息していますので、それに近い環境として30cm水槽が ベストです。ホームセンターで1200円程度から購入できます。

ベタの生態

ベタの作った巣

多くのベタのオスはクチから泡を作って水面に泡巣を作ります。若い固体はよくやります。繁殖時にこの泡にメスが生んだ卵をくっ付けて卵を育てます。

これは「バブルネスター」といわれる種類のベタの行動で、ワイルドベタ以外の品種はこのタイプがほとんどですね。

なおワイルドベタの中には、マウスブリーダーといって、泡巣を作らずに卵をクチの中で育てる種類もありますが、人工での繁殖はやや困難といえます。

ベタのメスがいなくても泡巣を作りますが、水変えの際に壊しても大丈夫です。またすぐに作り出しますし、逆に老化で繁殖期を過ぎると作らなくなります。

かなり便利なマジックリーフ

マジックリーフ

また、ワイルドベタの飼育にはアンブレラリーフ(マジックリーフともいいます)がおすすめです。

少々高価ですが、水槽に入れておくだけで飼育水をブラックウォーター(ピート水ともいいます )にしてくれ、弱酸性で殺菌力もあり、水質に敏感な魚を落ち着かせる働きがあります。 ベタの発色を良くする効果もありますし、魚用の治療薬を使用できない野生種や古代魚にも最適です。

もちろん通常のトラディショナル・ベタにも使用できますよ。病気予防にも効果的です。

アンブレラリーフ 1袋(約5枚入り) マジックリーフ

新品価格
¥741から
(2018/7/7 18:23時点)

ベタ飼育で、最もお金がかかる部分は?

基本的には飼育にあまりお金のかからないベタですが、最もお金がかかるのは水槽用ヒーターですね。

種類によって千円~四千円程度しますし、壊れないうちに1,2年で買い換えるべき物です。 このヒーターだけはお金がかかりますが、安価な26℃固定式のものでもよいので、こまめに買い換えてください。

なおヒーターはホームセンターやアマゾン等で安く購入できます。