正しいベタの飼い方

ベタのエサ

ベタのエサは人工・天然エサと2種類がありますが、 とても安価で水を汚しにくく、なおかつ栄養バランスもいい人工のエサをお薦めします。

ベタのエサのパッケージ

ベタには、粒状のエサが最適です。それは与えた量が分かり易いからです。

その中でも、画像右側の「キョーリン・ひかりベタ」がお薦めです。これはどこの店でも入手しやすく、 なおかつ安くて栄養バランスがいいからですね。

エサはなるべく鮮度の高いものが良いので、少量で速めに使い切れるこの商品が一番良いです。 安いお店なら120円くらいで買えます。

なお最近の「ひかりベタ」は少し粒の大きさにバラツキがあります。 やたら小さい粒は浮かないで沈むのが多いので、うまくベタに見えるようにあげてみてください。

また、この「ひかりベタ」は最近マイナーチェンジして、全体的にさらに小粒になりました。 なので、以前と同じ量のエサをあげるために1粒から2粒多めにあげるといいですよ。

ひかりベタ 2g

新品価格
¥130から
(2018/7/7 15:33時点)

ちなみにこういった魚のエサは、基本的に開封後はできるだけ半年以内には使い切るか、残ったら捨てて下さいね。 開封から1年くらい経ったエサは間違いなく劣化していますので、魚の調子を崩しやすくダメです。

次点はTetra社の「Tetra Beta」。黄色いパッケージに赤いベタが載っているやつです。 食い付きもいいですが、ちょっと量が多くて大粒で、ベタを4匹飼っていても半年程度では使い切れないのが難点。

スポンサーリンク

ベタのエサ「赤虫」のパッケージ

もう一つは天然のエサ、乾燥赤虫です。これはベタが好んで食べます。ベタは肉を好む雑食なので、 赤虫は大好物でもあります。これはフリーズドライされた商品で、長持ちし、ワイルド(野生)品種のベタにも使えます。

ただしこの赤虫、中身は乾燥した小型ミミズなので結構グロイです。パッケージ下部の写真のとおりの中身です。 しかも少し臭い。(笑)中に小型のスプーンが入っていて、それで中身をすくって与えます。

この商品は大容量なので、他の熱帯魚などを飼っている場合はそちらにもあげましょう。赤虫はほとんどの水生生物の好物です。

ヒカリ (Hikari) 乾燥 赤虫 5g

新品価格
¥199から
(2018/7/7 15:49時点)

他には冷凍赤虫などもありますが、あれは解凍してからピンセットですくって一匹ずつ 与えるので手間がかかりますし、ベタの数が少ないと解凍したエサが余りやすいです。冷凍赤虫はブリーダー向けの商品だと思います。

贅沢な「活エサ」

「活エサ」とは、生きたエサのことです。ベタも喜んで食べますが、さすがに水の汚れも凄いので、 水換えの前日くらいにしかおすすめできません。

ちなみにこの「活エサ」は、釣具店で購入できます。生きた赤虫やイトミミズを簡単に入手するなら、釣り関係のお店が狙い目です。 ただし人工のエサと比べるとかなり割高で、日持ちもしませんが、こういった贅沢な選択肢もあります。

ツイッターを見ると、ブラインシュリンプをベタの稚魚に与えている方もいます。稚魚を大きく 育てるのに最適なエサですが、ブラインシュリンプの卵を孵化させるのに24時間かかるなど 多少の手間もかかります。なおベタの成魚にはブラインは必要ありません。

エサの与え方

粒状のエサの場合、一粒ずつ与えます。ベタは基本的には水面に浮いたエサしか食べませんので、水面のエサに気がついて食べるまで待ちます。もし エサに気が付かなくても少しすると匂いで気付いてくれます。

コツとしては、うまくベタの目の前にエサが落ちるようにするといいです。

一粒食べたら、5秒ほど待ってから再度、一粒を水面に落とします。これを繰り返しますが、毎日あげるなら4粒、2日に一度あげるなら8粒程度で十分です。 上の動画ほど焦らさなくてもいいですが、ベタがエサを噛んで飲み込んだらまた一粒あげてください。 やや少ないように感じるかもしれませんが、魚はエサを少なめにあげるのが基本です。魚は飢えに強いですし、なるべく水を汚さないためでもあります。

そして乾燥赤虫の場合、毎日あげるなら3匹、2日に一度なら5匹程度でいいです。長い赤虫は上手く飲み込めないので、できるだけ食べやすいようにハサミで1cm以下に切ってあげてください。

ちなみに日本のベタはタイ産がほとんどで、タイのブリーダーに育てられて成魚に なってから日本に輸入されています。タイではミジンコや赤虫を食べて育っていますので、 人工のエサを食べにくい個体が稀にいます。

その場合は1、2日絶食させてから人工エサをあげると食べるようになります。食べなくても、だんだんと飢えてきて「エサはこれしかない」と感じると、適応してくれます。

エサをあげる時間帯

基本的には日中、太陽が昇っている時間帯が望ましいです。

しかし、飼い主の都合で日中あげられない時もあると思います。当サイト管理人も夜にしか家に帰れない場合が多いので、 夜にエサをあげる時には、まず電気を付けて明かりでベタを起こし、10分程度待って完全に魚が目を覚ましてからエサをあげています。 その後は最低30分は明かりを付けておき、それから部屋を薄暗くしています。一応24時間エサやりはOKですが、なるべく日中が良いですね。

ベタが絶食に耐えられる期間

飢えに強いベタですが、仕事や旅行などでエサをあげられない場合、経験上最大で6日まではなんとか耐えられますが、7日目はまず餓死します。 5日くらいから危険信号ですのでご注意ください。

ただし、絶食前に多めにエサをあげるのはNGです。食べ残しが水を痛めるので逆効果になります。 数日ぶりにエサをあげる場合でも、最大で8粒程度で充分です。